【すすきのでスナックやバーを開業】スナックやバー向きの物件で料理を提供する場合に気を付けたいポイントは!?

皆さん、こんにちわ。毎日暑い日が続きますね。

すすきの貸店舗専門不動産会社の澤谷です。

本日は一番の売れ筋で在ります、スナックやバーの物件についてです。

スナックやバーで料理を出したいと言うお客様はとても多く

簡単な軽食であれば問題ありませんが、匂いや煙の問題があります。

今日はスナックバー向け物件で料理を出す際の注意点をご説明いたします。

スナックやバー向けの物件で料理を出す際の注意点

そもそもなぜスナックやバー向けの物件で料理を出す事に注意点があるのでしょう?

なぜ注意が必要なのか!?

スナックやバーのテナントでは排気が弱いことが多く、調理を禁止されているところや、簡単な調理のみ許可

されているところが多いです。調理用の排気がないところで調理をするとどうなるか…

・店舗内に臭いや煙が充満します。
・ビルの配管の都合によっては、ビル内のテナントの全体や一部に臭いが回ります。
・火災報知器やスプリンクラーが起動する可能性があります。

料理を出す事は不可能!?

排気の条件が揃っているテナントであれば、十分できます。

排気の条件とは…

・排気が直接外に出ている(簡単な工事で排気を大きくできる)。

・以前、飲食店やダイニングバーなどだったテナント(もともと排気が大きい)

・排気が必要のない厨房機器、スチームコンベクションオーブンなどで調理をする。

設備関係をしっかり確認

出したい料理と必要な設備を確認しましょう

メニューや調理方法などで設備は変わります。

ご自身で調べるのはもちろんとても大切ですが、プロに意見を貰うこともおススメです。

厨房機器専門店では様々な什器を規模に合わせ、新品から中古まで、お客様に合わせた提案をしてくれます。

まとめ

基本的にスナック・バーで募集するテナントでは、本格的な調理できないと考えていた方が良いです。

もしどうしても料理をお客様に提供したいと考えているのならば、排気の容量に十分注意しましょう。


すすきので居抜き・リース店舗の物件探しは店舗マネージメントへ

店舗マネージメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP