すすきのでスナックを開業したい!【スナックの開業準備は最低3ヵ月前】から行いましょう。

皆さんこんにちは、寒い日が続きますね

すすきの貸店舗専門の不動産会社、店舗マネージメントの澤谷です。

最近はコロナ禍にも負けず、緊急事態宣言にも負けず、たくさんのお問い合わせを頂いております。

特に【スナックを開業したい】と言う女性のお客様が多いです。

そこで今回はスナックの新規開業に向けた準備期間のお話をさせて頂きます。

私がお客様に質問されたら最低でも3ヵ月前から準備を始める事をお勧めしております。

スナックの開業準備は3ヵ月前から準備しよう

3カ月前くらいから内覧すると後々の準備の期間がしっかり確保できます。

その理由と必要日数を記載しますので参考にして下さい。

店舗を探す期間

まずは開業しようと思う方は、店舗を探す為に不動産会社に訪問します。

店舗を探す上で重要なのが、条件の優先順位を明確にしておくことです。

賃料・立地・間取・内装など理想は多々あるはずです。

しかし100%理想に添える物件は正直なかなか出会えません。

日々空き物件は変化します。昨日内覧した物件も今日には他で決まってしまうことも日常茶飯事です。

内覧後、内覧した物件を1件づつ精査し、速やかに正しい決断をするために、条件の優先順位は大切です。

弊社に来られるお客様は即日決められる方や、1週間以内に選定される方がほとんどです。

物件への申込~審査

気に入った物件が見つかると、次は物件へのお申し込みとなります。

借主さまと保証人さまの情報を記載した申込書を基にビルオーナーの審査となります。

この時点で、借主さま、保証人さまの必要書類が追加で要望される場合もあります。

事前に事業計画書の提出も必要な場合も御座います。

通常審査には1週間から10日程掛かります。

その後、契約となり必要書類を揃え、署名捺印となるとそこからさらに10日程必要となります。

内装工事

審査で無事承認が降り、契約が終了すると物件の引き渡しとなり、内装工事が行えます。

ビル側で内装をする場合と、契約者がご自身で内装する場合があります。

壁・天井クロス、床などの張り替えは、坪数にもよりますがだいたい、

業者が入って2~3週間くらい。工事内容によっては1ヵ月程見ておけば良いでしょう。

ソファーなどの張り替えは、業者が限られていますので、都度、納期の打ち合わせが必要です。

風営法1号の許可は55日

お客様を接客するスナックには警察への風営1号の届け出が必要です。

警察に届けを出して許可が下りるまで55日かかります。

必要書類の他、店舗での立会審査もあります。

料金は平均10万円ほどしますが、難解な書類作成があるため行政書士に依頼する方が多いです。

書類に不備があると届けが受理されず、開店できない事もあるので気を付けましょう。

結論

上記で記載した通り、オープンまではやるべき事がたくさんあります。

特に風営法の届け出は55日とかなり日数を要します。

その他、保健所の許可、電話番号取得、名刺の作成、開店ハガキの作成郵送、

酒屋・おしぼり・カラオケ・玄関マットなどの各業者との打ち合わせなど盛りだくさんです。

全ての手配に余裕を持つのであれば、やはり最低でも3ヵ月前からの準備をお勧めします。

是非スナックの開業をご検討の方は弊社にご相談下さい。

すすきので居抜き・リース店舗の物件探しは店舗マネージメントへ

店舗マネージメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP